FXデイトレードでやってはいけない事

 

FXのデイトレードをしている時に、やってはいけない事なのですがFX業者を選ぶ際に、手数料がかかるところや、スプレッドの差が広い業者を選ぶことはしない方が良いです。

 

デイトレードというのは短期間に売買を繰り返してコツコツと少ない金額を稼いでいくものですから、その度に手数料やスプレッドを支払い続けていると、為替トレードの儲けどころではなくて手数料やスプレッドによって損をしてしまうからです。

 

ですからFX業者を選ぶ際は手数料無料や、スプレッドの幅が狭い業者を選ぶことをした方がいいです。

 

他にはロスカットをすることを怠ってはいけません。

 

デイトレードの場合、勝っている場合は小さい儲けをコツコツと繰り返していく方法でトレードするのですが、少ない儲けだと寂しいのでデイトレードの楽しみの一つとしてレバレッジを掛けることがあるのです。

 

このレバレッジを掛けるので小さい儲けを少しでも大きく儲けていくので、負けた時も大きく負けるという多大な損失を被ってしまうことが多々あります。

 

そうならないためにロスカット(損切り)が必要となってくるのです。

 

ロスカットによって少しの損で抑えることを可能にしているのです。

 

このロスカットを怠ると、FX業者の強制ロスカットになってしまい。

 

自分の保有しているポジションを立て直すのが難しくなるのです。

 

FXデイトレードをする際はしっかりと考えて業者選びをし、ロスカットも設定するようにしておきましょう。

 

そうすれば、FXデイトレを楽しむことが出来ます。